退職願いの一般的な書式

退職願の書式.gif
退職時に必要な手続きは色々とあります。漏れなく手続きしよう♪


退職が決まったら、マナーを守って退職手続きを進めましょう。退職願いの書式には、決まった書き方があります。


退職願い書式を紹介します。一般的な書き方です。退職願いには「これでないといけない!」といった決まった書式は特にありません。


下の見本を参考に作成してください。「この書き方でないといけない!」といったことはありません。基本事項さえ押させて書けば問題はありません。履歴書の作成のように書き方を工夫する書類と違い、形式的な書類となります。


タイトルは「退職届」ではなく「退職願」にします。正式に受理される前であれば、「退職届」や「辞表」とせず、「退職願」と書きます。封筒の表書きも同様です。


書式の書き出し行は、下に「私事」「私儀」と書きます。退職願い提出の理由を詳しく記入する必要はありませんし、自分の考えなどを述べる必要もありません。どんな場合であっても「一身上の都合により」と書きます。


退職の予定日は事前に直属の上司と話し合って決まっていれば、その年月日を、未定であればその日より1ヶ月目以降とするのが一般的な社会人のマナーです。届け年月日は、退職願いを書いた日でなく提出日とします。


提出するのは直属の上司になる場合が多いと思いますが、書式の宛名に
ついては最高責任者である社長となります。敬称は「殿」とします。


決まり事の多い退職願いですが、上記はあくまで一般的な書式です。必要な事柄さえ明記されていれば問題はないでしょう。白地の便箋にボールペンまたは万年筆で書きます。印鑑を押すのを忘れないよう注意してください。


■退職願いの書式(見本)
※画像をクリックすると拡大します。
form1.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。