退職願いの封筒の書き方

退職願いの封筒の書き方を紹介します。白地の封筒に書式を入れ、表に「退職願」と記入します。退職が受理される前は「退職届」ではなく「退職願」と書きます。また「辞表」という表現は役員クラスの場合などに使われます。 封筒の裏に部署名、氏名を記入します。

いよいよこれで縁のあった会社ともさようならです。色々なことがあったと思いますが、お世話になった会社です。「立つ鳥後を濁さず」という気持ちを忘れずに事を進めましょう。けじめを付ける意味で、感謝の気持ちのを込めた封筒の表に「退職願い」(場合により「退職届」)と書き、裏には「自分の所属する部署」「名前」と気持ちを込めて書きましょう。


■封筒の書き方(見本)
※画像をクリックすると拡大します。
封筒の書き方


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。