退職金について

退職金というのは会社を辞める際に誰でも支給されるものではありません。退職金は給料と違って、会社が従業員に対して必ず支払わなければならないものではありません。退職金の支給については、各会社で決めたルールがあり、それに従い支払いがなされます。まずは貴方が勤めている会社の就業規則を確認しましょう。退職金のことが書かれているかどうかをチェックをします。就業規則に書かれていなければ、退職金のことは退職金規定などに別に書かれている場合があります。退職金規定があるかどうか確認してください。退職金規定があれば次の内容を確認して下さい。
■適応範囲
誰に対して支払いがされるか?パートタイマーなど働く形態により支払われない場合があります。
■支給日
退職後何日後に支払いがされるか?支払いが遅れているようであれば催促します。催促しても支払いがされないときは労働基準監督署などに相談をしてみましょう。
■支給額
退職金の計算方法。これは会社により様々です。
■支給要件
一定年数の勤続が要件になる場合があります。(例:勤続3年以上)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。