退職意思を伝えるタイミング

退職意思を伝えるタイミングを考えてみましょう。退職を決めたら、直属の上司へ退職の意思を伝えることから始めます。その時のマナーとして上司に対して退職願いを叩きつけるような行為は厳禁です。それはテレビドラマの見過ぎです。退職の意思を伝える時期は、民法上では2週間前となっていますが、引継ぎ業務や担当している業務に影響の出さないことを考慮して早めに伝えましょう。一般的には2ヶ月位前と言われています。また、就業規則に退職時期など退職に関してのルールが定められている会社もあります。退職願いを書こうと決めたら、貴方の会社の就業規則を確認しましょう。そして最終的な退職日は、直属の上司と相談して決めるのが円満退社のポイントでもあります。

次に退職の意思を伝え方ですが、直属の上司に比較的忙しくない時間に、話し合いの時間を設けてもらい、口頭で相談することが望ましいでしょう。退職の理由としたは、会社への不満、不平ではなく、個人的な理由とします。会社への不平不満や意見は在職中に解決する問題です。退職を決意した以上は円満退社のために、その辺は割り切りましょう。また、話が他の社員に漏れて、退職することが噂になれば、何かとスムーズに事が運ばなくなりますので注意しましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。