退職願いを出す決断と引き止め

会社組織において、部下の管理は管理職の仕事です。ですから、退職の意思を表明したとしても、すんなり受け入れられることは少ないと思います。様々な形で上司から引き止めや会社に残るように説得を受けるでしょう。会社や上司にとっては、貴重な従業員が減るのだから、よほどリストラで人員削減を進めている会社でなければ、部下の退職を心から歓迎はしないでしょう。会社にとり人材は貴重な財産です。会社によっては、部下が退職を口にしたときの説得マニュアルが存在するところもあります。通常は何度か話し合いを持つなどして、引止めを受けると思います。でも、どんな説得をされても、どんな引き止められても、退職の意思が固ければ、断固自分の意思は貫くべきです。ここで説得させられてしまうようであるなら、はじめから退職など考えない方が良いかもしれません。退職願いを出すという意味の重さを理解し、良く考えて決断してください。

そして、スムーズに退職を承認してもらうためには会社への不平や不満を理由とするのではなく、個人的な理由とすることです。
「キャリアアップのため」「実家に帰る」など適当な理由を探しましょう。この辺は円満退社の為にも割り切りましょう。自分の意思を貫き、話合いをすることです。そうすれば、選択権は従業員にあるわけですから、会社も上司も最後は納得をしてくれる時期が来ます。基本的には口頭で退職の意思を伝え、口頭ベースでの了承を貰ってから退職願いを提出するのが理想です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。